今すぐクリックして、スポーツビジネス知識を無料でGETする!

私はいつまでボランティアを続ければ良いのか?

いつまで続くのか?

地域の子供達の為に!

そう思って始めたスポーツ指導。

スポーツで飯を食っていくぞ!と志してから数年が経つ。

しかし、いつまでボランティアで指導を続ければいいのだろうか?

たしかに、私にはプロスポーツ選手の経験もないし、大した指導者資格ももってはいない。

でも、もっとこの指導が認められてもいいのではないか?

保護者からは、もう少し月謝が安くならないか?

とまで言われる始末だ・・・。

あなたはこの様な悲しい思いをしていませんか?

この様な思いをしている人のほとんどが、「個人事業主」で代表をしながら、指導者をしています。

保護者の皆さんは、あなた個人にお金を支払っているので、月謝×人数=あなたの給料だと思っています。

しかし、実際には多くのお金が毎月出て行っていることでしょう。

でも、それらは保護者からは見えないのです。

だから平気で、月謝を安くしろ!なんて言ってくるのです。

では、どうしたらいいか?

それは、あなたに給料を支払うモノを作るのです。

組織から給料をもらう!に変換する。

例えば、教室やスクールを法人化する。

法人化されたら、一般の人はなんとなく色々経費がでるんだなと想像できます。

また、あなたではなく法人に月謝を支払っているので、あなたが利益を得ているというイメージが沸きにくくなります。

次に総合型クラブ化する事です。

発想は、法人化と大きく変わりません。

総合型クラブは、行政からも支援をされるので、あなた個人が利益を取っている印象は持たれません。

地域の様々な課題について取り組んでいるという事で、会員さんも会費を払う事で、まちづくりに参加している様に感じます。

この様に、法人やクラブから給料をもらうのです。

あなたの教室やスクールのスケールを大きくするのです。

もちろん、あなたの教室やスクールが今後さらに発展するには、この様な志やアクションは必須となるでしょう。

その為には、自らを「指導者」と「クラブ経営者」という2つの人格をつくり、二人分働いているという認識をしましょう。

そうしたら、二人分働いているのですから、給料も適切に取る自信がつきますよね。

あなたは、会員から見える形で、一人何役もしているので、一つの役割を安く評価されるのです。

しかし、組織化すれば、これらは組織の経費となるので、運営に必要なお金を取れますし、むしろあなたが兼務することで、経費削減しているという事になるのです。

如何ですか?

みんな自分の活動にはなかなか自信が持てないものです。

だからこそ、新しい組織を前面にだして、あなたは自分が決めた額を組織から適切に頂けば良いのです。

この様な、スポーツクラブ経営のお悩みは、クラブ経営大学が配信している、無料メールマガジン

「ゼロかつくるスポーツクラブの作り方」で学ぶ事ができます!

今なら、メルマガ登録特典として「失敗するクラブづくりの特徴10」レポートを無料でプレゼントしております!

是非今のタイミングで、下記の画像をクリックし、今すぐ登録を行ってください!

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。