今すぐクリックして、スポーツビジネス知識を無料でGETする!

自信を持ってビジネスを売込めない人でも圧倒的に信用される方法とは?

あなたは自信をもって自分自身の仕事を売込めていますか?

「サッカースクールを経営しています。」

「総合型クラブを経営しています。」

と言うように、自信たっぷり「経営しています」と言えていますか?

私が、会う多くのクラブ関係者は、「スクールコーチをしています。」「クラブのお手伝いをしています」等の様に、とても自信がない話し方をする。

謙虚と自信がないはまったく違うものだ。

私は、上記の様に言われたら、アルバイトの方かな?と思ってします。

実際に、悩み相談を受けた際に「その悩みは一度そちらの経営者さんとお話させてください」と言ってしまったこともある。

別にアルバイトさんを軽視している訳ではない。

アルバイトと経営者では、役割も違えばリスクも違うのだ。

そんな大きなリスクを負って経営しているのに、自信をもって発言できないというのは、とても勿体ない事だと思います。

ただそうは言っても、美味しいものを食べて、翌朝自信が漲ってくるという訳ではない。

他人から評価されたり、経験を積んでいくなかで、あなたは自信をつけていくのだろう。

しかし、自信がつくまでビジネスは不調のままで良いのだろうか?

少しでも早く、自信をつけ、堂々と顧客の問題に対して私が解決します!と宣言しなければならない。

では、どうしたほうが良いのだろうか?

それは「口コミ」と「オススメ」である。

つまり第3者に自分自身をオススメしてもらうのである。

あなたは、日本の義務教育で育ってきていると思うので、自ら自分自身を高く評価したり、大きく表現したりはできないだろう。

もちろん過大評価まではしなくて良いが、真実は語らなくてはならない。

しかし、この真実というのは、なぜだか真実を知っている本人よりも、詳細なことは詳しくない第3者からの話の方が人には信用される。

また、あなたにしてみては、大したことではなくても、第3者からするととても凄い事な場合は良くある。

つまり「隣の芝生は青く見える」のである。

だったら、となりの第3者から、こちらを見てもらい青々とした様子を伝えてもらった方が良い。

どんな草刈り機を使っているのか?どんな肥料をまいているのか?を質問してもらったり、凄さを伝えてもらえばいいのだ。

この他人からのオススメや口コミは圧倒的に効果がある。

最近は多くのHPで、利用者の声が記載されている。

なぜなら、購入者側も同じ購入者側の意見を聞きたいからだ。

販売者の目線ではなく、購入者の目線の声を聴きたいのだ。

では実際にどうしたら良いのか?

まずは自社のHPなどに、会員さんの声や保護者の声などを記載する。

これらはとても簡単だろう。

また、同業者や専門家からオススメしてもらう。

私の様な人間に、プロから見てこのクラブはこんなところが凄い!

保護者の皆さん安心してあずけてください!

という太鼓判をおしてもらうのだ。

簡単でしょ?

Facebookのライブでも、Twitterでも、ZOOMでも対談形式の講演会を近くの人にきかせるのである。

そうすることで、あなたのビジネスは圧倒的に信頼度がアップします。

もちろん嘘はいけません。

しかし、第3者からの主観であっても、感じた素直な意見はとても影響を与えてくれます。

是非やってみてください!

無料メルマガで、こっそりスポーツビジネスネタを学びませんか?

毎日見ているだけで、よく出てくるワードの意味、未来のスポーツビジネスのトレンド、クラブを自ら経営していった時に収益イメージも沸いてくると思います。

興味のある方は、下記のリンクから、今すぐ詳細を確認してください!!

https://peraichi.com/landing_pages/view/9opt19

シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。